ブログ@HoloLabInc

株式会社ホロラボのブログです

「ATL-MR」とMRイベントシステム

ホロラボ武仙です。会社のブログで書くのは初めてなので優しくしてくださいw

これから数回に分けてリクルートテクノロジーズさんの研究開発機関、アドバンスドテクノロジーラボ(以下ATL)さんとご一緒に企画開発していますMRイベントシステムについて、開発の経緯や進捗をこちらのブログでお送りしたいと思います。

第一回目は、いきなりですが進捗動画からご紹介と、後半で開発経緯をば。 しかも動画はいきなり長尺。いきなり全部というか大部分の動作してるプロトタイプをお見せします。どん!

*いきなり見ても何か分からんと思いますので、今はあまり細かく見ないでくださいw

  • デザイニウムYoutubeチャンネル

youtu.be

f:id:kaorun55:20181004175045p:plain

現在やってるのは、「RealとVirtualを繋げる」ことと、「デジタル技術によるコミュニケーションの深化」への挑戦。

f:id:kaorun55:20181004175121p:plain

大上段に構えてますが、システム構成的には、ネットワークを介していろんな機材が繋がってる感じ。 Oculus Go、HTC VIVE、HoloLens、Androidタブレット。 そしてシステムの世界には、VirtualとReal、2つの空間があって、相互に作用します。

[開発経緯]
ClusterやVRChatなど、VRコミュニケーションプラットフォームやソーシャルネットワーキングシステムが流行ってきています。少なくとも武仙の身の回りではw

VR空間でのコミュニケーションは現実の空間や物理にとらわれない新しい体験を提供してくれます。実際ATLさんとの企画会議もOculus Roomを使って全員遠隔の状態で実施してみたりしましたが、刺激的なものでした。

f:id:kaorun55:20181004175129p:plain

一方で、この開発プロジェクトでは現実世界の場が持つ魅力にも着目。表情、呼吸、目線、手触り、ざわめき、空気感。

ATLさんが3月に発表された「ATL-MR」のコンセプトムービーの中では、現実の世界であるATL広尾を舞台に、RealとVirtualが混然一体となった世界が描かれています。

LEARNING・DEVELOPING・CO-EVOLUTION

現実のATLという場を基軸に、デジタル技術による繋がりとコミュニケーションが産まれ、共創が実現する。 そんな世界を、実際に作っていきます。

今、ATL-MR実現に向けた試行錯誤が始まっています。

次回以降は個別の技術要素などをお送りしたいと思います。 ご期待ください!