ブログ@HoloLabInc

株式会社ホロラボのブログです

Unity Editor でも HoloLens でも、 MRTK と SignalR を使いたい

はじめに

かずきさんとたるこすさんがHoloLensやWindows MRなどのUWP環境とUnityエディターでSignalRクライアントを使う方法をまとめてくれています。

blog.okazuki.jp

tarukosu.hatenablog.com

SignalRクライアント単体であればこの方法で動くのですが、MRTKを入れるとビルドエラーが発生します。このエントリではその解決方法について書きます。

なお、以下の方法はSignalR.Clientを自分でビルドしているため、自己責任にて使用してください。ビルドしたファイルは下記にあります。

問題点

SignalRクライアントとMRTKを同時にプロジェクトに入れた場合、それぞれがNewtonsoft.Json.dllを参照しています。しかし、Microsoft.AspNet.SignalR.Client.dllが使用しているNewtonsoft.Json.dllのバージョンが古い(6.0.4)ため、MRTKのNewtonsoft.Json.dllのバージョン(10.0.3)と競合します。これによってUnityエディター上でビルドできない問題が発生します。

どちらかを削除してもお互いのバージョンエラーでビルドができません。

MRTKでNewtonsoft.Json.dllを参照しているのはGLTFのライブラリなので、GLTFフォルダごと削除してみましたが、Immersive用のコントローラーモデルがGLTFを利用しているようでInput系でエラーが出始めました。このため、MRTK側で調整するのも現実的ではありませんでした。

Visual Studioの場合configファイルでバージョンのリダイレクトを行いますが、Unityエディターの場合の方法がわからない(これで解決できるなら一番いいかもしれません)ため、なんとかMicrosoft.AspNet.SignalR.Client.dllの参照しているDLLのバージョンを変更します。

幸いSignalRのコード一式は公開されているので、これをビルドします。

github.com

結果

Unityエディター、UWPビルドともに動作していることがわかります(UWP版はマテリアルはがれてるのはご愛敬)。エディター用の.NET DLLとUWP用のDLLを両方入れているので、どちらの環境でも同じように動作します(サーバーはかずきさんが公開しているものを使用しています)。

f:id:kaorun55:20180615232507g:plain f:id:kaorun55:20180615232100g:plain

SignalR.Clientのビルド

GitHubからコードをダウンロードして、プロジェクトを開きます。今回、エディター用DLLは「Microsoft.AspNet.SignalR.Client45」をUWP用DLLは「Microsoft.AspNet.SignalR.Client.UWP」を使用しています。

それぞれのプロジェクトの「参照」メニューからNuGetパッケージの更新を行います。このとき、Newtonsoft.Json.dllの該当バージョンの10.0.3を指定します。パッケージを更新したらビルドを行います。正常にビルドができればOKです。

f:id:kaorun55:20180615234004p:plain

おまけ

エラー画像

Newtonsoft.Json.dllのバージョン

下記がVisual StudioのNuGetで取得したSignalR.Clientが参照しているNewtonsoft.Json.dllのバージョン(6.0.4)。

f:id:kaorun55:20180615233325p:plain

下記がMRTKで使われているNewtonsoft.Json.dllのバージョン(10.0.3)。

f:id:kaorun55:20180615233341p:plain

Newtonsoft.Json.dllのバージョンを削除した場合の動作

どちらかを削除してもお互いのバージョンエラーでビルドができません。 f:id:kaorun55:20180615233533p:plain f:id:kaorun55:20180615233536p:plain

de:code 2018のスライドを公開します

5/22に登壇したde:code 2018のスライドを公開します。 blog.hololab.co.jp

speakerdeck.com

スライドのポイント

HoloLensの業務への適用について

HoloLensを業務に適用する際の考え方の例について解説します。

HoloLensを適用するシナリオの考え方

f:id:kaorun55:20180601182744p:plain

HoloLensを買ってみたもののどこに活用できるかという一つの指針に業務で分ける方法があります。例えば建設業であれば設計、建設、点検などのフェーズに分かれるので、その「現場」で使うシナリオを考えます。また、それぞれの「現場」には「教育」が存在するので、そこへの適用も考えます。「現場」と「教育」の面から考えることで1つの「業務」に対して2つのシナリオが考えられます。

アプリ開発フロー

f:id:kaorun55:20180601182831p:plain

実際にアプリ開発を始める場合、お客様のHoloLensの習熟度に合わせていくつかの段階を踏みます。一番最初の段階ではHoloLensに自社のデータ(モデルなど)を入れて「見る」ことから始めます。これによって他人事から自分ごとに変えます。この段階のアプリを社内で回覧するだけでも様々なフィードバックが得られます。

現在では「Microsoft Layout Preview」を使用することで、対応するモデルならHoloLens実機を準備するだけですぐにこのフェーズを試すことができます。

blog.hololab.co.jp

HoloLensアプリ開発時によくある要件

お客様と会話をするときによく話題になる項目について解説します。 f:id:kaorun55:20180601190911p:plain

位置合わせ

位置合わせはVuoriaなどでマーカーを検出させることが手軽で確実です。とはいえ、マーカーで完全には合わないので微調整は手動で行います。これは現実の車にデータの車モデルをかぶせるFordの事例でも適用させており、現在の限界を示しています。 f:id:kaorun55:20180601190929p:plain

とはいえ、マーカー1つでは傾きの誤差がでるので、2つ以上での位置合わせを試作しています。精度検証はこれから行う段階です。 f:id:kaorun55:20180601191121p:plain

www.youtube.com

モデルの安定化(安定化平面)

モデルの安定化については安定化平面が作用しているかを確認します。Unityのバージョンによって正しく作用しない場合があるので、安定しない動きを覚えておくとよいでしょう。 f:id:kaorun55:20180601191439p:plain

詳しくはこちらを参照してください。

www.tattichan.work

モデルの安定化(WorldAnchor)

もう一つの安定化がWorldAnchorです。これはHoloLensで動く範囲内での表示オブジェクトの安定化およびズレた際の復帰をサポートします。経験則として、移動範囲内でOSレベルのSpacialMappingを取得したうえで、WorldAnchorをその範囲にばらまくようにすると安定、復帰しやすくなります。

講演に先立って下記のパターンを試しました。 f:id:kaorun55:20180601191912p:plain

アンカーを配置しない場合

オブジェクトは少しずつずれて戻らなくなります。 f:id:kaorun55:20180601191940p:plain

www.youtube.com

アンカーを基準点のみに配置した場合

移動している間にオブジェクトはズレていきますが、戻ってしばらくすると元の位置に復帰します。 f:id:kaorun55:20180601192113p:plain

www.youtube.com

アンカーをばらまいた場合

移動中もあまりズレることがなく、元に戻ってもオブジェクトはそのままの位置にあります。

f:id:kaorun55:20180601192259p:plain

www.youtube.com

おまけとして、アンカーをばらまい場合にトラッキングがロストした場合にも、しばらくすると元の位置に復帰します。

www.youtube.com

精度

精度について、公式のデータはありませんが、おおよそ1mで1cm前後はズレる前提で考える必要があります。 試しに距離を計測してみました。マーカー位置などでもう少し追い込みはできると思いますが、おおよそ1mで1cm前後を考えるとよいでしょう。 f:id:kaorun55:20180601192504p:plain

www.youtube.com

次のステップに向けて

HoloLens用のSpring 2018 Updateがリリースされました。これによって機能、API含めて多くの追加がありました。また、マイクロソフトからのアプリもリリースされ、HoloLensを購入後にすぐできることが増えてきました。 f:id:kaorun55:20180601192735p:plain

下記の記事を参考にしてください。

blog.hololab.co.jp

blog.hololab.co.jp

blog.hololab.co.jp

blog.hololab.co.jp

blog.hololab.co.jp

まとめ

HoloLensはさまざまな業界で使われています。昨年の後半からは建設業のお客様が増えてきて、年度が明けて最近は製造業のお客様からのお問い合わせが増えてきています。PoCではなく、実導入を目指したお客様も出始めており、市場が急速に立ち上がる可能性を感じています。

HoloLensのソフトウェアも進化しており、次のハードウェアの話題も見え隠れするなか、いまできることを順々に取り組んでいくことが大切だと感じています。

合わせて読みたい

「Microsoft Layout Preview」を試してみた

f:id:kaorun55:20180529163817p:plain

先日のBuildで発表された2つのHoloLens用アプリ「Microsoft Remote Assist Preview」と「Microsoft Layout (Preview)」がストアで配信されているとのことで試してみました。

mspoweruser.com

「Microsoft Remote Assist Preview」についてはこちら

blog.hololab.co.jp

Microsoft Layout Preview

概要

www.youtube.com

Microsoft Layout Previewは3Dモデルの配置シミュレーションアプリです。HoloLens, PC(Immersive), PC(Import Tool)から構成されています。

下記のシナリオで構成されています。

  • HoloLensを使って現場で配置シミュレーションを行う
  • PCでWindows MR Immersive ヘッドセット(Immersive)を使いVR内で配置シミュレーションを行う
  • PCで配置したいモデルや現実の図面をHoloLens、Immersive用に変換、配置する

PCのImport Toolを使うことで外部のモデルや図面をインポートできます。

モデルでサポートされているファイルフォーマットは下記になります。

  • FBX, OBJ, GLFT, GLB, SKP, JT, STEP, ZIP(おそらくOBJ、マテリアル、テクスチャをZIP圧縮したもの)

f:id:kaorun55:20180529164539p:plain

図面については、Visioで作成したものをLayout用にエクスポートしたものを使用します。エクスポート用のアドインはImport Toolからインストールできます。

f:id:kaorun55:20180529164509p:plain

ドキュメントはこちら

docs.microsoft.com

セットアップのドキュメントはこちら

アプリのインストールはこちらから

HoloLens

www.microsoft.com

PC

www.microsoft.com

なお、HoloLens用のアプリにはApril 2018 Updateの適用が必要です。適用方法は下記を参照してください。

blog.hololab.co.jp

April 2018 Updateが適用されていないHoloLensの場合はインストールできませんでした。

f:id:kaorun55:20180529165447p:plain

HoloLensアプリの基本

アプリの流れとしては下記になります

  • レイアウトの選択
  • モデルの配置
  • レイアウトの保存

youtu.be

PCアプリ(Import Tools for Microsoft Layout)

Microsoft LayoutはPCアプリで真価が発揮されると感じています。

PCアプリの機能は下記になります。

  • 外部モデルのインポート
  • 間取りファイルのインポート
  • 配置データのエクスポート

外部モデルのインポート

外部モデルはFBX, OBJ, GLFT, GLB, SKP, JT, STEP, ZIP(おそらくOBJ、マテリアル、テクスチャをZIP圧縮したもの)がサポートされており、3D CGのみならずJTやSTEPのような3D CADにも対応しています。

HoloLensへの転送はUSBケーブル経由で行います。HoloLensをUSBケーブルでPCに接続するとImport ToolにHoloLensが表示され、アプリ上から転送できます(HoloLensがApril 2018 Updateでメディア転送のプロトコルがサポートされたので、このフローがOSバージョンに依存してるのかなとも思っています)。

f:id:kaorun55:20180529170929p:plain

間取りファイルのインポート

Visioで作成した間取りデータをImport Toolを通してHoloLens内に展開します。Visioからは専用のアドインを使って.vilというファイルで出力します。

アドオンのインストールはImport Toolの「About」から取得できます。「Get the Visio add-in」からVisioのアドインをダウンロードします。なお、Visioは英語版をインストールする必要があります。

f:id:kaorun55:20180529171455p:plain

Visioを開きレイアウトを行って「Layout」メニューからExportを選択して.vilを出力します。

f:id:kaorun55:20180529171610p:plain

これをImport Toolの「Layouts」タブから「Add layout」から追加します。

f:id:kaorun55:20180529171738p:plain

このファイルを選択すると右上に「Export to GLB」というボタンがあるので押してみると、このレイアウトをGLB形式でエクスポートできます。

f:id:kaorun55:20180529171806p:plain

エクスポートされたGLBファイルを開く(Widows 10に標準でインストールされている3D Builderで開けます)とVisioで作成したレイアウトが表示されます。

f:id:kaorun55:20180529171921p:plain

これをHoloLensでLayoutから取り込みモデルを配置して保存します。

f:id:kaorun55:20180529141726j:plain

再度Import ToolでLayoutsを開き、HoloLens側のLayoutからGLBをエクスポートすると、モデルの配置を行った後のモデルが取得できます。これを見ながら配置モデルを共有することもできます。

f:id:kaorun55:20180529172131p:plain

まとめ

ストーリー、アプリケーションともに非常によくできています。ファイルの使い方、データの行き来の仕方が非常に簡単になり、HoloLens利用の最初の一歩である「自分たちのモデルを見ること」については、このツールで十分だと思います。開発会社としてもこの先をどう考えるかということが重要になってきました。

HoloLensのWindows 10 April 2018 Update(RS4)がリリースされています

Windows 10 April 2018 Update (RS4)がリリースされています。バージョン番号は 10.0.17134.80になるようです。

リリースノートはこちら

docs.microsoft.com

解説動画はこちら

主な変更点はプレビュー時点でのこちらの記事を参照してください。

blog.hololab.co.jp

このバージョンをインストールすることで、先日発表されたMicrosoft Layout Previewのインストールが可能になります。

www.microsoft.com

www.microsoft.com

Remote Assistはいままでのバージョン(Anniversary Update / RS1)でもインストール可能です。

www.microsoft.com

Remote Assist Previewについてはこちら

blog.hololab.co.jp

インストール

Windows Update経由で行います。Updateされない場合にはWindows Device Recovery Tool (WDRT)を使用してインストールすることも可能です。WDRTを使用する場合にはHoloLensとPCをUSBケーブルで接続し、WDRTの指示にしたがいます。

f:id:kaorun55:20180528221457p:plain

前のバージョンに戻す

いままでのバージョンに戻したい場合には HoloLens Anniversary Update recovery package を下記からダウンロードすることで戻ると思います(未確認)。

f:id:kaorun55:20180528221959p:plain

その他:複数アカウント運用

解説動画を見て不思議に思ったことが、HoloLensのログインで複数ユーザーがいるんですね。

f:id:kaorun55:20180528223525p:plain

RS1でのHoloLensは1デバイス1アカウントでPCのようにユーザーを切り替えることはできませんでした。リリースノートを見返してみると「For commercial customers」の項目に「Use multiple Azure Active Directory user accounts on a single device」というものがありました。

f:id:kaorun55:20180528223836p:plain

解説ページはこちらになります。

docs.microsoft.com

条件としては下記2つになります

  • アンロックされたCommercial Suite(Windows Holographic for Business)
  • セットアップ時のアカウントをAzure Active Directory (Azure AD)にする(Office 365などの組織アカウントも可能)

この設定でHoloLensをリセットするとログイン時にユーザーの選択を求められます。ここで「Other User」を選択すると別のユーザーでログインが可能です。現状ログイン後のSettingsでユーザーの追加はできないようで、ログイン時にユーザーを選択するようになります。

f:id:kaorun55:20180528224148p:plain

複数ユーザーが可能な状態でログインすると、スタートメニューにログインユーザーのアイコンがでるようになります。

f:id:kaorun55:20180528224311p:plain

組織アカウントやパスワードの入力が非常に手間なので、デバイスポータルからの入力をすることが増えました。また、複数アカウントが有効になってる場合、再起動やスリープ後に必ずパスワード入力を求められるのがツライです。

まとめ

HoloLensのWindows 10 April 2018 Update(RS4)はプレビュー時代と比べてもいくつかの変更点があり、よりビジネスユースに適した形になってきたと思います。

同時にリリースされたMicrosoft Remote AssistとMicrosoft Layoutによって、遠隔支援やモデルの配置シミュレーションも簡単にできるようになったので、HoloLensの業務利用の間口が広がった感じがします。

de:code 2018で展示と登壇をしました

5/22-23に開催されたde:code 2018で展示と登壇をしました

ホロラボではMRPPブースでの展示、オートデスクブース内ソフトバンク C&SでAR CAD Cloudでの展示、ブレイクアウトセッション、チョークトークにかかわることができました。

MRPPブースでの展示

イトーキさんと取り組んだ「次世代遠隔コミュニケーションシステム」を展示しました。HoloLensでのコミュニケーションですが、遠隔側をKinectで実装したのでHoloLens側では3次元でのコミュニケーションになります。

初日は整理券も早々に完売しみなさんの興味を感じます。ブースではイトーキさんからオフィス家具をお借りしたので、いつもに比べて非常にオシャレに仕上がりましたw

f:id:kaorun55:20180525123342j:plain

AR CAD Cloudでの展示

オートデスクブース内ソフトバンク C&SでAR CAD Cloudでの展示を行いました。MRPPブース以外での体験はできなかったので、こちらは静態展示になりましたが、多くの方にお越しいただきました。

f:id:kaorun55:20180525122415j:plain

ブレイクアウトセッション

CEO中村とCTO島田で登壇しました。

これまでのホロラボの取り組みの紹介、業務利用する際のフロー、よくある要件の解説、最近公開されたAzureとの連携シナリオから実装例の紹介、RS4を含む今後の方向性についてお話ししました。

スライドおよび解説はこちらを参照ください。

blog.hololab.co.jp

f:id:kaorun55:20180529130639p:plain f:id:kaorun55:20180525122421j:plain

チョークトーク

Day1、Day2それぞれ行われ、日本でのリリースから1年たって、実際にHoloLensを活用したい方が業務利用するためにどうしたらいいか?といった質問がでており、非常によい時間でした。

f:id:kaorun55:20180529130614p:plain f:id:kaorun55:20180525123348j:plain

まとめ

昨年はマイクロソフト公式のブースのみだったHoloLensが、1年たって大部屋を持てるほどになったことに、いろいろな意味で驚きました。

そんな中で展示、セッションなどさまざまな角度から関われたことを非常にうれしく思います。来年も多くのアウトプットが出せるようにこれからも進めていきます。

f:id:kaorun55:20180525123352j:plain

ホロラボ、イトーキと共同でHoloLensを活用した次世代遠隔コミュニケーションシステムを共同研究開発

株式会社ホロラボ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:中村薫)は、株式会社イトーキ(本社:大阪市城東区 社長:平井嘉朗、以下イトーキ)と共同で、HoloLensを活用した次世代遠隔コミュニケーションシステムのプロトタイプを製作しました。

HOLO-COMMUNICATION(仮)HoloLens着用者の主観映像HOLO-COMMUNICATION(仮)HoloLens着用者の主観映像

HOLO-COMMUNIATION(仮)と題された同プロトタイプの研究開発は、オフィスにおける「会議」にHoloLensが持つMixed Reality(以下MR)技術やセンサー技術を適用することで、空間を超えた新しいコミュニケーションを実現しようとするものです。

■HOLO-COMMUNICATION (Augmented Meeting System)紹介ムービー

*Youtubeビデオリンク: https://youtu.be/QcHtHYIboR4


■遠隔コミュニケーションシステムの仕組み
リアルな場としての会議参加者がHololensを着用すると、遠隔参加者の前に設置されたMicrosoft Kinect等の3Dセンサーによりリアルタイムに取得された立体感のある映像が会議テーブルに出現します。

遠隔参加者はKinect等3Dセンサーにより映像取得遠隔参加者はKinect等3Dセンサーにより映像取得

また、複数のHoloLens間でも同期が可能で、複数のリアルな人間と立体映像でのバーチャル参加者とが入り混じった、まさにMixed Realityな会議体験が実現しました。

また遠隔参加者はHoloLens着用者の主観映像を通して、立体映像での自分がどのように見られているのかや、実会議空間の様子などを閲覧しながら会議に参加出来ます。

同プロトタイプは単に立体映像を表示するにとどまらず、ユーザーアカウントによるログインの仕組みや連絡先リストからの呼び出しと着信処理など、実際の会議システムとしての利用が想定される機能も一部実現しています。

■プロトタイプを日本マイクロソフト「de:code 2018」に体験展示
2018年5月22日(火)~23日(水)にザ・プリンスパークタワー東京で開催中の日本マイクロソフト主催「de:code 2018」内ホロラボブースにて、同プロトタイプを体験展示しました。

イトーキ製オフィス家具をレイアウトしたdecode2018体験ブースイトーキ製オフィス家具をレイアウトしたdecode2018体験ブース

decode2018ホロラボブースメンバーdecode2018ホロラボブースメンバー

今後、共同で本プロトタイプを使った実証実験を行い、ディスプレイなどを使ったこれまでのテレビ会議とのコミュニケーション度の違いなどを検証した後、イトーキの新たなサービスとしての商品開発を、ホロラボとして支援していきます。

イトーキのオフィス空間デザインにおける多様な取り組みに、ホロラボが得意とするMixed Realityやセンサー技術を加えて、未来の理想的なオフィス環境や働き方改革の実現に、共にチャレンジしていきます。
 
 

ホロラボとインフォマティクスがMixed Reality技術の普及を目指し業務提携!

株式会社ホロラボ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:中村薫)は、株式会社インフォマティクス(本社:川崎市幸区、代表取締役社長:三原正一)とMR(Mixed Reality)技術を利用したソリューション展開を目指して業務提携しました。

 

MRPP認定企業同士のインフォマティクスとホロラボが提携MRPP認定企業同士のインフォマティクスとホロラボが提携

ホロラボは、HoloLensに代表されるMixed Reality技術に関する研究開発および関連アプリケーション・システム開発を、設計・製造、建設、医療など幅広い分野に向けて実施しており、他社との共同開発や業務提携も積極的に行っています。

また、2017年11月にはMicrosoft Mixed Reality Partner Program認定を取得しました。(Microsoft Mixed Reality Partner Programは、HoloLensやImmersiveヘッドマウントディスプレイ他、Mixed Reality(以下MR)技術によるシステムやソリューションを展開する優れた企業に対してMicrosoft社から提供される認定制度です。)

インフォマティクスは、建築・設計向けCAD/CGシステムや地理情報システムのシステムインテグレーターとしての30年以上の実績を活かし、建築・土木等の現場においてニーズの高い墨出し、出来形確認、点検調査作業を、HoloLensにより視覚的に支援するパッケージシステム「GyroEye Holo」(ジャイロアイホロ)の開発・販売を行っており、実際の建設工事現場における実証実験を積極的に実施しています。インフォマティクスも、2018年1月にMixed Reality Partner Program認定を取得しています。

・インフォマティクス「GyroEye Holo」紹介ページリンク:

www.informatix.co.jp



一方で、ホロラボでも「AR CAD CLOUD」の名称でHoloLens/MR技術を活かした設計・製造向けCADデータ活用システムの開発を実施しており、特に建設業界でのニーズの高まりから「AR CAD CLOUD for BIM」として、巨大なBIMデータのクラウド変換機能とHoloLens等のMRデバイスでの利活用に向けて開発を進めています。

・ホロラボ「AR CAD CLOUD for BIM」紹介動画

www.youtube.com



インフォマティクスとホロラボは両社ともにMRシステム開発力を有するMixed Reality Partner Program認定企業ですが、今回は土木・建設・建築業界へのMR本格普及を目指し、企業の垣根を超えた協業を実現するに至りました。

■業務提携の具体的内容例
ホロラボはHoloLensリモートツールをインフォマティクスにライセンス提供します。インフォマティクスがGyroEye Holoに同機能を組み込むことにより、HoloLensとPC間での遠隔コミュニケーションが実現しました。例えば、HoloLensを装着した現場作業員に、インターネット経由で作業事務所から的確な指示出しが可能となります。

HoloLensとPC間の遠隔コミュニケーションについては、東急建設株式会社の都内某建設現場において、Wi-Fi環境を使ってインターネット越しに映像転送および通話ができることの有効性を、実証実験を通じて確認いたしました。

 

HoloLens-PC間を遠隔で接続しコミュニケーションしている様子(HoloLens着用者の視点)HoloLens-PC間を遠隔で接続しコミュニケーションしている様子(HoloLens着用者の視点)

ホロラボとインフォマティクス。Microsoft Mixed Reality Partner同士での業務提携は同事例にとどまらず、ホロラボの持つ広範かつ先進的なMR技術と建設業界に豊富な実績と経験を持つインフォマティクスとが協力して、土木・建設・建築業界におけるMR技術応用の普及を進め、更なる生産性向上とデジタルトランスフォーメーションの加速を目指してまいります。


■ホロラボについて
株式会社ホロラボは2017年1月18日(Microsoft HoloLens日本上陸の日)に設立された研究開発型の企業です。Windows Mixed Realityに代表される最新技術をいち早く使いこなし、より多くの人たちが体験できるよう、調査研究、システム・アプリケーション開発、啓蒙活動を行っています。2017年11月8日、Microsoft Mixed Reality Partner Program認定を取得しました。
http://hololab.co.jp
 

■インフォマティクスについて
株式会社インフォマティクスは、1981年の設立以来、建築・設計向けのCAD/CGシステムおよび地理情報システムの開発、販売、保守サポートを行うシステムインテグレータとして成長を続けており、本社(川崎市)、営業所(大阪、名古屋)の総勢約190名の社員から成る企業です。国内の中央官庁、地方自治体、鉄道・高速、電力、金融機関、住宅メーカー、ゼネコン、設計事務所などに多数の導入実績があります。2018年1月18日、Microsoft Mixed Reality Partner Program認定を取得しました。
http://www.informatix.co.jp