ブログ@HoloLabInc

株式会社ホロラボのブログです

HoloLensアプリ開発環境のセットアップと最初の一歩の資料を公開します

HoloLensのアプリ開発のための環境づくりは結構大変です。

Windows 10のOSとUnity、Visual Studioのバージョンによってさまざまな組み合わせができてしまい、組み合わせによって動く、動かない場合が存在ます。

そこでHoloLensのアプリを開発する環境からまとめた資料を作ってみました。コミュニティで行っているハンズオンの資料と同じものです。なお、本スライドはWindows MR Immersiveデバイスには対応していません。

対応環境

  • Unity 5.6.2f1
  • Visual Studio 2015 Update3
  • HoloToolkit-Unity-v1.5.5.0

資料のスライドへのリンク

www.slideshare.net

www.slideshare.net

取材記事「Microsoft HoloLens 開発パートナー座談会」が公開されました

「Microsoft HoloLens 開発パートナー座談会」と題して、ネクストスケープ岩本さん、ハニカムラボ河原田さんとの座談会記事が公開されました。

会社の紹介からHoloLensビジネスの現状についてを、それぞれの会社の観点からお話ししています。 special.nikkeibp.co.jp

他にも小柳建設の小柳社長のインタビューなども掲載されています。 special.nikkeibp.co.jp

取材記事「ホロラボ中村氏にHoloLensと複合現実から見える“未来”を聞いてみた」が公開されました

ASCII.jpで「ホロラボ中村氏にHoloLensと複合現実から見える“未来”を聞いてみた」が公開されました。

HoloLensのための会社を作った経緯やHoloLensから見える未来についてお話ししました。

ascii.jp

「HOLO BUILDER™」コンテンツ東京2017展示

小っちゃな作業員たちが、あなたの製品をあっという間に築き上げる

「HoloLens体験型広告コンテンツ」を、太陽企画+RINGさんが明日から東京ビッグサイトで開催のコンテンツ東京2017で発表!

HOLO BUILDER™におけるHoloLens周りの実装を、ホロラボとHoloMagociansメンバー長峰さん@Jollysticsが、担当しています!

f:id:kaorun55:20171112124424p:plain

HOLO BUILDER™ 概要

youtu.be

今回はCM映像のプロ集団、太陽企画さんからHoloLensコンテンツを作りたい!とのお声がけをホロラボにいただいたところからはじまり、みんなで面白いものを作ろう!との流れになりました。

HoloLensの魅力や特徴を踏まえたうえで、どんなコンテンツにしたら体験した人がWow!というか、またどんな作品だったら広告主さんの伝えたいメッセージが伝えられるか、、、などなどと、ホロラボメンバーも企画から参加。

実際の制作は、3DCG、アニメーション、BGM/SEのプロがそれぞれ作ったマテリアルを、HoloLensでインタラクティブに動くようにUnityを使ってホロラボで作りました。

コンテンツ東京2017、太陽企画展示

2017/6/28(水)〜30(金)

コンテンツ東京2017

先端コンテンツテクノロジー展

ゾーン: VR・AR ワールド

ブース番号: 22-20

www.content-tokyo.jp

HOLO BUILDER™制作メンバー(敬称略)

  • 企画演出 
    • 伊原亮 (+Ring 太陽企画)
  • プロデューサー 
    • 仁科敬介 (+Ring 太陽企画)
    • 大石暉 (+Ring 太陽企画)
  • キャラモデリング アニメーション 
    • 湯山陽介 (CROME)
    • 阿部えり佳 (CROME)
  • サウンドデザイン 
    • 菊池陽介 (Invisible Designs Lab.)
    • 高木公知 (Invisible Designs Lab.)
  • コーディング
    • 長峰慶三 (HoloLab / Jollystics)
    • 上山晃弘 (HoloLab)
  • テクニカルディレクション 
    • 伊藤 武仙 (HoloLab)

明日から3日間、ビッグサイトで体験ください!

武仙@ホロラボ

Unite 2017 Tokyoのスライド、動画が公開されました

2017年5月8日にUnite 2017 Tokyoで登壇したスライドと動画が公開されたのでまとめます。

events.unity3d.jp

AR CAD Cloudの概要からHoloLensの開発環境、必要な知識、ハマリポイントなどをまとめました。

www.slideshare.net

動画も公開されていますので合わせてごらんください。


【Unite 2017 Tokyo】UnityとHoloLensとクラウドの連携による3Dソリューション「AR CAD Cloud」